5議会26人が選挙活動収支報告書を未報告


出納責任者は、公職の候補者の選挙運動に関しなされた寄附及びその他の収入並びに支出についての報告書を、領収書の写しを添付して、選挙期日から15日以内(その後になされた収支については、当該収支がなされた日から7日以内)に当該選挙を管理する選挙管理委員会に提出しなければなりません。

政治団体の収支報告書については3ヶ月の猶予があるのに対して、選挙活動に関する収支報告書は15日しか猶予がありません。選挙が終わって忙しい中で、迅速に収支報告書をまとめなければなりません。

記事によれば、現在4期目にも関わらず、これまで一度も提出していない町議会議長がいらっしゃるとのことです。これは異常という他ありません。

選挙活動収支報告書と政治団体関する収支報告書を混同していたとの回答もあります。しかし、両者は全く違うものであり、混同するのはおかしいです。

議員の遵法意識が低いことがよく分かる記事です。

5議会26人未報告 金武除く32市町村選挙費

2014年2月28日琉球新報

公職選挙法で義務付けられる選挙運動費用収支報告書を、金武町議選の立候補者が提出していなかった問題を受け、琉球新報社は27日、金武町を除く県内40市町村の選挙管理委員会に、収支報告書の提出状況を確認した。回答を得た32選管によると、立候補した11人全員が提出していない伊是名村など、少なくとも5議会の計26人が同日現在、提出していない。現職議長も含まれ、最長で選挙から3年5カ月たっても未提出の立候補者が13人いる。金武町にとどまらず一部立候補者の順法意識の低さが浮き彫りになった。
報告書を提出していないのは前回統一地方選(2010年9月)のあった伊是名村で11人、今帰仁村(立候補14人)で2人。久米島町(11年11月、立候補16人)は10人、糸満市(13年11月、立候補26人)が1人、多良間村(13年5月、立候補10人)でも2人いた。那覇、浦添など27議会は全員提出していた。担当者不在などで8町村は回答が得られなかった。
久米島町議会の喜久里猛議長は現在4期目だが、これまで一度も提出していないことを認め「選挙で使った金額が少なかったので出すまでもないと思った。認識が甘かった。反省するしかない」と述べた。
立候補者全員が未提出だった伊是名村議会の前川清議長(4期目)も、過去に提出したことがなく「田舎の選挙なのでポスターなどを作る人は誰もいない」と話し、選挙運動に金がかからないことが未提出の理由だったとした。
選管の督促に「金をほとんど使ってないから出す必要がない」と返事をした立候補者がいたほか、「公選法違反になるという認識はなかった」「県に出す政治資金収支報告書に選挙資金もまとめ、出したつもりだった。勘違いだった」などと釈明する立候補者もいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。